| TOP |

スポンサーサイト

2016.09.02 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    environmental consultant

    2016.09.02 Friday

    0

      環境コンサルタント(かんきょうコンサルタント、英: environmental consultant)とは、官公庁並びに民間企業、団体等をクライアントとして、環境保全に関する企画立案、制度設計、調査、解析(一部にシミュレーション等を含む)などのコンサルティング業務を行う企業、または個人を指す一般的な通称である。

       

      環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき自治体の環境政策、企業の環境に関連するコンサルティング、市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対するコンサルティングを実施する。そのほか、大気・水質・地質・騒音・植物・動物の生態系などの幅広い環境調査を行い、その調査結果から開発の影響を予測・評価し、それらを把握する環境会計や環境報告書の作成、環境保全のためのコスト算出などを行うが、場合によっては、事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための対策を立案し提案も行う。

       

      環境に関する仕事をする上での資格が、目的別に数多くあるため、技術士(環境・建設部門)のほか、環境計量士(環境計測士)、港湾海洋調査士(環境調査)、公害防止管理者(大気・水質)、環境アセスメント士(生活環境部門・自然環境部門)、ビオトープ管理士(計画・施工)、環境カウンセラー(事業者部門・市民部門)、環境アセスメント調査員、作業環境測定士、環境保全エンジニア、環境分析技術者、臭気判定士、医療環境管理士、生物分類技能検定資格などを取得しコンサルタントとして活動する者も多い。 また労働衛生コンサルタント(労働衛生工学) 、プライバシーマークシステムコンサルタント企業の社会的責任(CSR)に関するコンサルタントなど、NPO法人住環境測定協会が主催し、住環境に関する測定と改善・予防に関するコンサルタント育成試験として住環境測定士資格試験のようにコンサルタント育成を目的とした資格、環境マネジメントシステムの審査員、品質マネジメントシステム審査員 食品安全マネジメントシステム審査員やEMS審査員評価判定。ISO14000内部環境監査員などの審査員資格などがあるため、資格取得の支援を行う環境コンサルタントもある。

       

       

       

       

       

       

      増井千晶増井千晶増井千晶増井千晶増井千晶増井千晶

      スポンサーサイト

      2016.09.02 Friday

      0
        関連する記事